外部フィルターの細目パッドについて

濾過装置として外部フィルターを使っている場合、インペラーにゴミなどが噛まないように、フィルターケース内の一番上(最終段)には、大体、細目パッドを入れますよね。
そして、外部フィルターのろ材やパッドのメンテ頻度は、「水流が弱くなってきたら洗う」という方が多いと思います。
ただ、ほとんどの方が毎日水槽を見ていると思うんですが、毎日見ていると 水流が弱くなったのが分かりにくく、分かったときにはかなり弱くなってた、なんていうことがありがちです。
やっぱり 水流は大事 なので、毎日チェックするクセをつけたいですね。

外部フィルターの中にあるもので、水流を弱めてしまう可能性の一番高いものが「細目パッド」です。
特にウチのように嫌気濾過を維持していると、細目パッドがいつの間にかカチカチ(羊羹みたいな感じ)くらいにまで詰まってきてしまうことがあります。好気濾過のみでも、長い期間メンテしていないとそうなりますね。
この「羊羹みたいになるまで放っておく」のが非常に良くない、と経験上感じていて、細目パッドのメンテは月イチくらいでやっています。しかもかなりガッツリ洗います。元々、生物濾過を期待してのものではなく 単なる「ゴミ取り」ですので、茶色い水がほとんど出なくなるまで何十回でも揉み洗いしますし、かなりボロボロになっても使い続けます。1つのフィルターに2枚重ねて使っていますので、ボロボロになってもゴミがすり抜ける隙間はなく、問題ないです。注意点は、2枚重ねても中がパンパンにならないように ろ材の量に余裕を持たせておくことでしょうか。

なぜ、ボロボロになっても使い続けるのかというと、「新品のウールパッドはなるべく使いたくない」というのが一番大きな理由です。
本当にズタズタになってきて どうしても新品に切り替えることになった場合には、使用の前処理として「鍋などで軽く湯通しする」というのをやっています。以前は 水洗いしたあとに 3~4日 バケツの水に浸けておくとかしていたんですが、水質に敏感な種類の魚を飼うようになったこともあり、これで本当に綺麗になってるのかと疑問に感じ始めてからは、洗い方を変えました。
ウールパッドのメーカー(特に製造国)にもよりますが、湯通しすると、白い油膜や泡のようなもの(たぶん製造工程で付着した油や化学物質など)が浮いてくるのが分かります。ウールマットとは言っても本当のウールではなく化学繊維なので。(この白いものを見てしまってからは、もう 湯通しせずにはいられません)
湯通しするようになってからは、新品に変えたときの「若干のpH上昇」はしなくなりましたので、やはり「何か」が付着しているんでしょうね。下記に挙げた商品ではないんですが、どこかの通販サイトのクチコミに「○○製(メーカーではなくて製造国)のものを洗わずに使ったらエビが…」とも書いてありましたし。(吸水ストレーナーにかぶせるスポンジも同様)

化学繊維系のパッドの中では、経験上、エーハイム純正品が一番キレイだと思っているんですが、お値段高いので、安いものを湯通し、でOKです。
「そんなことに使える鍋なんか無いよ(嫁の許可が下りない)」という場合(がほとんどだと思います)は 純正品をおすすめします。(化学繊維でない「ヤシガラマット」とかも悪い製品ではないんですが、目が粗すぎると個人的には思います)

icon
iconエーハイム 細目フィルターパッド
icon

icon
iconノーブランド ウールパッド
icon