グリーンドワーフシクリッド:ディセントラルクス種を入手!!

グリーンドワーフシクリッド biotoecus dicentrarchus male

10月第1週くらいに結構まとまってコロンビア便が入ってきましたね。(カラシンとかコリドラスとかいろいろ)

この便の中に、「グリーンドワーフシクリッド コロンビア」というヤツが入ってました。

これ、グリーンドワーフシクリッドといってもアマゾン川(の支流)で採れるいつものヤツ(Biotoecus orercularis)ではなく、オリノコ川で採れたもので Biotoecus dicentrarchus という種です。(グリーンドワーフシクリッドは 1属2種)

ディセントラルクス種は写真では見たことがあったんですが、やはり実物が欲しくなり、2ペアを入手しました。
(入荷数は少ないようで、1ペアずつ 別々のショップで購入)

↓導入7日目で遠目から撮った写真です。

オス(from ショップA):

グリーンドワーフシクリッド biotoecus dicentrarchus male

メス(from ショップA):

グリーンドワーフシクリッド biotoecus dicentrarchus female

まだ痩せているオス(from ショップB):

グリーンドワーフシクリッド biotoecus dicentrarchus male

(ショップBから来たメスは隠れっぱなしで撮れませんでした)

ちなみに、ショップAは痩せをある程度戻してからの発送、ショップBは入荷1日経ったものを発送、ということで 痩せ方が違いますね。
(どちらが良いとか悪いとかではないです)

いつものヤツ(B. orercularis)との見た目の違いは、体に薄黒いバンド模様のようなものがあるところでしょうか。

生態がどう違うのかは、ちゃんと育成したあとにまたレポートしたいと思います。
(一説には、オスが砂で巣みたいなものを作るとか…)