免疫力を上げるエサ(小型魚向け)

小型魚用のエサは各メーカーから各種いろんなものが出ていますが、成長と病気予防(健康維持)という観点からみて、どういうエサにするか、というのはかなり重要ですね。

ウチでは、消化のよいもの(「つなぎ」に小麦粉を使っていないもの)、よいフンをするもの、成分がちゃんと書かれているもの、と絞っていって、現時点では、「グロウ」シリーズとニチドウの「メディフィッシュ」の2つをメインにしています。
グロウの良さ(食いつき、消化)は以前から使用していたので分かっていたんですが、メディフィッシュも併用しはじめたら、魚の元気度というか生き生き度のようなものが変わってきて、オス同士のフィンスプや産卵行動などの頻度が増えましたし、カラシンもいい色になっています。食いつきや消化の良さもグロウと同じレベルですね。

メディフィッシュの説明書きには「免疫を維持」と書いてあり、実際に使ってみて、説明通りと感じています。多めの水換え(50%とか)をした後や、フィルターのメンテをした後など、普段とは違う環境の変化への耐性が上がったような感じですね。
あと、以前、サブフードとして与えていた同じニチドウの「ブラインシュリンプの殻を剥いたヤツ」(名前失念)がこのメディフィッシュの中に入っているので、手間も省けていいですね。
上記のどちらのエサも、普段は底のほうにいるシクリッドが 給餌のときは水面まで上がってくるくらいですし、いいフンしますし。

ウチでは、上記いずれのエサも、新鮮さ重視で 同じシリーズの一番小さい容量のものを使っています。コスパはちょっと悪くなりますが、封を開けたらなるべく早く使い切りたいので。

icon
iconグロウ C (顆粒タイプ) 85g
icon

icon
iconグロウ D (沈降性、ペレットタイプ) 95g
icon

icon
iconニチドウ プレミアムフード メディフィッシュ 20g
icon

P.S.
この(↓)シュアー、本来は海水魚用ですが、アフリカンシクリッド(タンガニーカ湖)の繁殖をやっていたときに常用していて、親魚の体力作りから稚魚の成長まで、非常に助けられた記憶があります。(消化力が比較的弱いタンガニーカシクリッドには最適だと思います)
アフリカンやってる方には是非おすすめします。
icon
iconシーライフ シュアー S 浮遊性 50g 海水魚
icon