魚を掬う網(おすすめ)

スポンサーリンク
魚を掬う網 フィッシュネット

魚を掬う網、皆さんは何をお使いでしょうか。

ウチでは、用途によって複数の網を使い分けています。

魚を掬う網 フィッシュネット

水草トリミング後のゴミなどを掬うならどんなものでもいいんですが、生体を掬う網にはちょっとこだわっていて、ウチでは「極網(きわみあみ) 親心」というものを使っています。

極網(きわみあみ)

極網(きわみあみ)

特に、プラケースなどで水合わせした新規導入の魚を掬う網はこの「極網(きわみあみ)」が最適です。
(ただし、体長5~6cm以下の小型魚専用ですね、大きいサイズは売ってないです)

特徴は、

  • 先端部分の一辺だけ金属枠が無い構造なので、掬いやすいし 魚を挟まない
  • 繊維の編み方が、魚(特にオトシンやコリドラスなど)のヒレが引っ掛かりにくいようになっている
  • 水の中でも箱状の形状を保ってくれるので使いやすい
  • 魚が警戒しにくい色
  • 使ったあとにアルコールで消毒しても劣化しない

といったところです。

値段は高めですが、乱暴に扱わなければずっと使えます。
(10年以上使っていますが全く劣化してないです)

粗い化繊の網では 魚を傷つけてしまうので、こういう網を一つ持っていると安心ですし便利ですね。

icon
icon極網(きわみあみ) 親心(小)
icon

icon
icon極網(きわみあみ) 親心(W9×21.5cm)
icon