[コラム] アクア用品:買う/買わない の判断基準(その2)

スポンサーリンク
アクア 用品 購入 判断 基準

以前の記事「[コラム] アクア用品:買う/買わない の判断基準」で、

  • 目的を達成するために必要な道具が高額で手が出ないのであれば、手段を変えるか、それでもダメならその目的自体をあきらめるしかない
  • 何をしたくて、それに対してどのくらいのコストを掛ける覚悟(または 工夫する力)があるのか

というポイントが判断基準になることを堅苦しい文章で書いてしまいましたが、

最近、単純に

  • それを買わなかったら後悔するか

と考えることが多くなりました。

飼っている生体に適した環境をできる限り用意してあげたいですから、あとから「あの時あのアクア用品を買っておけばよかったなぁ」と後悔したくはない、という気持ちがありますね。

また、長くやっているこの趣味もいつかは終わりが来るわけで、アクアリウムライフを逆算して考えることも少しずつ増えてきたように思います。

そういう意味では

  • 以前から買っている/使っているこの商品は本当に必要なのか

と もう一度考え直すようにもなりました。

後悔するか/しないか、本当に必要か/否か という 取捨選択する目 が鍛えられてきたんでしょうか…。

結局は

それを買う/使うことで 魚も人間も 快適な/楽しい時間を過ごせるか

というところですよね。

コスパだ何だということより この判断基準こそ一番大切にすべきものかもしれません。

[コラム] アクア用品:買う/買わない の判断基準

icon
iconAIネット pHモニター P-2
icon

icon
icon逆浸透膜 エキスパートマリンZ 150
icon

icon
iconアクアリウム用品
icon