RO浄水器:加圧ポンプ、買い換えました(追記)

シャフロー デリバリポンプ

RO浄水器:加圧ポンプ、買い換えました」の記事で、

使ってみて分かったことなんですが、捨て水の量が以前の半分以下になりました。(←これが「逆浸透膜の性能が十分に発揮できている」ということだと思います)

と書きましたが、その追記です。

やはり、RO浄水器というのは、適切な水圧で運転したほうがいい、というか、「適切な水圧で運転しなければダメ」くらいに強く実感しています。

加圧ポンプの効果

水圧が低すぎた頃は、精製したRO水のTDSを測ったときに、ときどき 数ppm の値になることがありました。(「エキスパート マリン」なのでゼロになるはず)
こんなに早くメンブレンの寿命が来るのかと最初は思いましたが、またゼロになるということが何度もあって、これはなんかおかしいなと。

表面的な知識としては知っていたんですが、ちゃんと調べてみて、低い水圧では性能(精製水の質と量の両方)が落ちて捨て水が多くなることが理解できました。

ポンプを買い換えた今では、TDS値はいつもゼロですし、時間も短縮、捨て水も半分以下、と、気持ちよく使えています。

P.S.
「捨て水」とはいっても本当に捨てているわけじゃないです。ちゃんと洗濯用に使ってます。

icon
icon逆浸透膜 エキスパートマリンZ 150
icon

水圧が少し低め(4~5kgf/cm2 以下)のかたはこちらがおすすめ。(「クロノスレイン専用」と書いてありますが、ホース径が同じなので実際は「専用」じゃなく使えます)
icon
iconクロノスレイン CHRONOS rain 専用加圧ポンプ LS-8100
icon

水圧が低過ぎる(3kgf/cm2 以下)かたはこちらがおすすめ。(高いですが後悔はしないはず)
icon
iconシャフロー社 デリバリポンプ(150~200GPD) 本体のみ
icon