オトシンネグロの産卵スイッチ(その2)

オトシンネグロ 稚魚

オトシンネグロの産卵スイッチ」の追記です。

ブラックウォーターの濃さに変化をつけるために、ピートやリーフの量を加減するという記事を書いたんですが、もっと簡単な方法を見つけました。

皆さんもご存じの「ブラックウォーターの元」(→液体のヤツ)です。

これを入れることでも、オトシンの動きが活発になることが確認できました。

ただ、テ○ラのブラックウォーターエキストラクトではイマイチで、AZOOのダブルブラックウォーターがいい結果を出しています。

アズー ダブルブラックウォーター

AZOOのものは、テ○ラのよりもかなり濃縮されていて、1回の使用量が少なくて済むのでコスパもいいですね。

さらに、テ○ラのものは若干濁った感じになるんですが、AZOOのものは透明感のあるブラックウォーターになり、見た目の雰囲気も好みです。(ちょっと黄色っぽいですが)

KHが低ければ pHも少し下がりますね、0.2~0.3くらい。

ピートやリーフのように取り換える手間が要らないので、ホントに手軽です。

肝心の魚(グリーンドワーフシクリッド)のほうも、エラの動きなどに全く変化はないので、安心して使えています。

icon
iconアズー ダブルブラックウォーター 120ml
icon

icon
iconアマゾンのめぐみ (4g×6袋入)
icon

icon
iconオトシンネグロ
icon

icon
iconエーハイムトーフ ペレット 1リットル 専用ネット付
icon

icon
iconセラ スーパーピート 500g 淡水用
icon

icon
iconアンブレラリーフ 1袋(約5枚入り) マジックリーフ
icon