コスパ比較:シーケム・スタビリティ vs バイコム

スポンサーリンク
スタビリティ バイコム 比較 おすすめ

約2年前の記事「シーケム・スタビリティよりバイコムかな」の続報として、スタビリティとバイコムのコスパ比較も交えて書きたい(→訂正したい)と思います。

上記の記事では、

  • 硝化作用、脱窒作用 ともに、バイコムのほうがキレがいいというか、効果が分かりやすい
  • スタビリティも悪くはなく 長期常温保存できる点がいいが、効いてる感が薄い

という内容で、

バイコムの勝ち!

的に締めくくったかと思いますが、あれから2年以上使ってきた感触も踏まえ、

今回 訂正します

結論から言うと

スタビリティのほうが使い勝手やコスパがいいじゃん

なんですよ。

そう感じた理由は、

  • 冷蔵庫で保管しなきゃいけないバイコムはメンドクサイ
  • バイコムは、硝化用(78)と脱窒用(PD21)と分かれているのがメンドクサイし、合計すると結構な値段
  • バイコムとスタビリティで 効果の違いは感じられない

ということで、現状、

効果に差が無いなら 安くて 常温保存できて 1本2役 のスタビリティのほうがいいよね

との結果に落ち着いています。

詳細は、下記のコスパ比較表の通りです。

製品名 スタビリティ バイコム
78 21PD
機能 硝化+脱窒+α 硝化 脱窒+α
通販価格 2,989円 2,057円 1,548円
内容量 250ml 250ml 250ml
ml単価 12.0円/ml 8.2円/ml 6.2円/ml
使用量 5.0ml/80L 20.0ml/10L 4.0ml/10L
使用単価 0.75円/L 16.40円/L 2.48円/L
使用頻度 1回/週 1回/週 1回/週
月間単価 3.0円/L 65.6円/L 9.9円/L
保存 常温4年 冷蔵(推奨) 冷蔵(推奨)
効果 問題なし 問題なし 問題なし

水質が安定するなどして 単価の高い バイコム78 が要らなくなった場合でも、バイコム21PD単体がスタビリティの3倍以上しますね。

脱窒作用:硝酸イオン濃度を下げる方法

シーケム・スタビリティよりバイコムかな

icon
iconSeachem シーケム スタビリティ Stability 250ml 淡水海水用
icon

icon
icon淡水用 スーパーバイコム スターターキット 250ml
icon

icon
iconテトラテスト 6in1 試験紙(淡水用) 水質検査試験紙
icon

icon
iconセラ NO3テスト 淡水海水用
icon