エーハイム、稼働1週間で異音!

エーハイム スピンドル インペラー 交換

先日新しく買ったエーハイム2217、稼働開始の翌日から「なんか水が濁ってるなぁ」と思っていたら、日に日に濁りがひどくなり、1週間後、仕事から帰宅したらスゴイ異音が…

早速ヘッドを開けてみたら、一番上の白い(はずの)ウールマットが黒いんですよ、茶色じゃなくて。

長いことアクアリウムやってきて、ウールマットが黒くなるなんて一度も無かったし、インペラーの磁石部分も普通じゃない熱を持っていたので、これはインペラーとスピンドルの偏摩耗だなと察しが付きました。

ろ材は以前から使っていた外部フィルターに入っていたものをそのまま流用して、その移し換え時間も極力短時間で済ませたので、白濁の原因がバクテリアへのダメージではないことは確信していましたし。

予備で持っていた新品のインペラーとスピンドルを持ってきて比べてみたら、目視でも余裕で分かるレベルで摩耗が酷い状態でしたね。

すぐに販売店経由でエーハイム(カミハタ)に連絡してもらったら速攻で折り返しの電話がきました。
エーハイムさん、素晴らしい!!

エーハイムさんの対応は迅速・丁寧だし、アクア系の用語を使って深い話しができるので話しもスムーズに進み 気持ちがいいですね。
交換品も翌日には届きました。

今後の心配な点としては、「ヘッド本体とスピンドルの軸がズレているかも」ということです。

かなりのベテランと思われるエーハイムの担当者さんと話したんですが、インペラーやスピンドルを変えてもまたすぐに同じ症状が出るなら「軸ズレ」の可能性が高い、と。

幸い、今のところ生体には影響は無い様子なので、2~3週間 様子をみて、それでまたダメならヘッドの交換ですね、となりました。(保証期間内なのでもちろん無償)

ところで、エーハイムを使っている方、スピンドルに付属しているラバーの交換、どうやっています?

2217だと奥のラバーまでの距離が遠くて、今まで2213とかで使っていた工具が届かず、抜けないんですよね。

かなりの格闘の末、一旦あきらめて Google先生に聞いてみることに…

そうしたら、やはり同じことで困っている方が多くいて、「コルク抜きで抜く」という解決方法もバッチリ書いてありました。

コルク抜き スピンドルラバー 交換

おかげですんなりとラバーも抜けて交換完了。

P.S.  3週間後:

結局、ヘッド本体に問題はないようで、濁りも水換えの度によくなっているので大丈夫と思います。

icon
iconエーハイム クラシックフィルター 2213 ろ材付きセット
icon

icon
iconエーハイム クラシックフィルター 2215 ろ材付きセット
icon

icon
iconエーハイム クラシックフィルター 2217-NEW 60Hz 西日本用
icon