pH/KHマイナスの主成分はリン酸か

スポンサーリンク
リン酸 吸着剤 pH/KHマイナス 相性

pHを下げるために pH/KHマイナスを使っている場合、その成分によってはリン酸吸着剤との相性が悪いケースがあります。

それは、

pH/KHマイナスの主成分がリン酸である場合は、リン酸吸着剤の作用によって 折角下げたpHが元に戻る

という可能性です。
(もちろん 他の要因でもpHは上下しますが、今回はpH/KHマイナスの主成分に着目しています)

ところが、pH/KHマイナスの主成分は ほとんどの製品に明記されていませんよね。

以前から「主成分がリン酸のpH/KHマイナスには注意!」のようなことを何度か見聞きして 気にはなっていたので、今回は、私が非常用として持っている「セラ pH/KHマイナス」のリン酸イオン濃度を測定してみました。

(私の場合、pH調整は粒ピートを使っていて pH/KHマイナスは使いません、何かあったときの非常用です)

ちなみに、pH/KHマイナスはテトラ社からも販売されていて、公開されているSDS(Safety Data Sheet)から「主成分は塩酸と硫酸」であることが分かっていますので 今回の測定対象からは外します。日本向け製品の裏面に「主成分:塩酸、硫酸」と小さく書いてありますね。

測定内容

  1. 飼育水のリン酸イオン濃度を測定
  2. 飼育水を2リットル掬う
  3. 水槽に使用する「セラ pH/KHマイナス」の標準的な量と同じ比率の量(0.2ml)を、掬った飼育水に入れて軽く混ぜる&数分間放置
  4. 「セラ pH/KHマイナス」を入れた飼育水のリン酸イオン濃度を測定

要は、pH/KHマイナス使用の前後でリン酸イオン濃度を測定する、という簡易的なものです。

商品裏面の使用方法に従い、「飼育水20リットルあたり 2ml 投入」と同じ比率で、掬った2リットルの飼育水に対しては 0.2ml を入れています。

測定結果

pH/KHマイナス投入前後のリン酸イオン濃度は以下の通り。

投入前:0~0.1 mg/L

投入後:0~0.1 mg/L

考察・まとめ

多少の変化はあるかもしれないと思っていましたが、pH/KHマイナスを入れても リン酸イオン濃度の変化はなく ほぼゼロのままという結果でした。

なお、0.2ml のpH/KHマイナスをさらに追加で入れて測定しても、リン酸イオン濃度は 0~0.1 mg/L で変化なし。

この結果をそのまま信じるとすれば

セラ社のpH/KHマイナスはリン酸を使用していない

ということになります。

つまり、

セラ社のpH/KHマイナスを使って下げたpHは リン酸吸着剤の作用によって上がることはない(と思われる)

ということですね。
(他の要因で上がることはあります)

今回は セラ社のpH/KHマイナスについてのみの測定でした。

セラ社以外のpH/KHマイナスをリン酸吸着剤と併用している場合は、上記と同様の方法で確認しておいたほうがよいでしょう。
(上述の通り、テトラ社製も問題なしです)

最後に

今回の記事は「セラ社のpH/KHマイナスはリン酸を含んでいない(と思われる)」ことの共有であり、pH/KHマイナスを使うことを推奨するためのものではありません。逆に否定するものでもありません。

pH/KHマイナスを使うことによるメリットやデメリットについては、機会があれば別途 記事にしたいと思います。

P.S.

ちなみに、リン酸吸着剤「フォスガード」の説明文(下の写真の赤線部分)には

“It is not recommended for phosphate buffered freshwater.”

と書いてありますね。
(日本語説明文には無いですが…)

リン酸 吸着剤 pH/KHマイナス 相性

icon
iconセラ pH マイナス 250ml 淡水用
icon

icon
iconSeachem シーケム フォスガード Phos Guard 250ml(150g)淡水海水用 リン酸吸着剤
icon

icon
iconエーハイム リン酸除去剤 (6個入り) 淡水海水用
icon

icon
iconセラ PO4(リン酸)テスト 15mL 淡水海水用
icon