キラースネールでスネール駆除!!

ヒラマキガイ

以前、購入した水草に付着していた(と思われる)スネールの卵を見逃してしまったために、スネールが爆殖し、その後 なんとか駆除に成功した経験があります。駆除後も「スネールほぼゼロ」を維持できています。

水槽内で殖えるスネールには、カワコザラガイ、ヒラマキガイ、サカマキガイ、モノアラガイ、ラムズホーン(=インドヒラマキガイ)、など、多くの種類がいます。(ラムズは観賞用として飼っているかたもいらっしゃいますね)

ウチで爆殖したのは「ヒラマキガイ」と「ラムズホーン」です。
よく(安易に)言われているようにアベニーパファーやトーマシーに食べてもらうという手もありますが、駆除後にその魚をどうするか、で悩みますし、他の魚との混泳なども気になりますね。(駆除後もそのまま飼いたいのなら一石二鳥ですが、ウチは水草&アピスト水槽なので都合が悪い)

結局 どうしたかというと、

  1. まずは、手やピンセットでできるだけ取り除く。(見える範囲でいいです)
  2. キラースネールを60m水槽なら4~5匹 入れる。

これだけです。

キラースネールが水槽に馴染んでから 1週間もすれば スネールの貝殻だらけになります。

このやり方のポイントは、「キラースネールを死なせないようにすること」ですね。
獲物がたくさん居ればそれがキラースネールのエサになるわけですが、ほとんど駆除し終わってからは ちゃんとエサ(他の魚に与えたエサの残りでもデトリタスでもいいので)を食べているか確認することが必要です。
キラースネールが死んでしまうと、どこかに隠れていた数匹のスネールからまた殖え始めてしまったり、完全に駆除したとしても 新しい水草を植えたりしたときに また卵の付着を見逃す可能性もあるので、数匹は常に飼い続けていくのがいいと思います。

このキラースネール、水槽の環境次第ではありますが、ごくたまに「殖えます」。(2~3ヶ月に1匹、子供のキラースネールを見るくらい)

導入してから1年くらいは経っていますが、殖えすぎることはないです(勝手に数は調整されているようです)し、大きくなっても殻高1.5cmくらいですし、見た目もグロいわけでもない(←個人的には)ので、タンクメイトとしてもなかなかいいなあ(ウチでは最適)と思っています。
今でも時々、ヒラマキガイの殻が転がっていることがあるので、居れば食べてくれているんでしょうね。

キラースネールが死んでしまう最大の原因は「餓死」ですので、そこだけ気をつければ、長期飼育は難しくはありません。
導入時の水合わせは「普通のレベル」で大丈夫です。(低めのpH・低めの硬度の水槽にポチャンと入れるのはマズいかなと思います、やったことはありませんが)

魚に悪さをしない、水草を囓らない、見た目もそんなに悪くない(大きさ・形・色)、爆殖しない、残餌も食べてくれる、など、スネール駆除以外の面から見ても、キラースネールはかなりおすすめです。

icon
iconキラー・スネール
icon