CO2:直添部分の前後にダブルタップ!!

CO2マスターアドバンス

ウチではCO2のホース直添部分に「CO2マスターアドバンス」を使っていますが、この製品の「CO2が霧のように出る部分」(↓写真の赤丸部分) は定期的な掃除が必要です。

CO2マスターアドバンス

掃除を怠ると上記の内部に有機物のカスが付着してきて、「霧状じゃないCO2」(細かい気泡くらいのもの)が外部フィルター側に吸われていくんですが、特に 添加スピードが早めの場合など、最終的にフィルター内ですべて溶けきらない状態でエア噛みみたいになって排出されてくることがあります。
こうなると 直添することの最大のメリット(=完全に溶けきるのでコスパ最大!!)が効果減となってしまいます。(とは言っても「CO2ストーンでの添加」と同じレベルになるくらいですが)

ただ、ここの掃除、通常ですと「吸水パイプごと取り出してホースクリーナー(ブラシ)でゴシゴシ」となってしまい、メンテ性が非常に悪いです。(メンテ性が悪いとさらに掃除しなくなってしまうという悪循環)

というわけで、ウチでは CO2マスターアドバンスの前段(吸水側パイプのホースとCO2マスターアドバンスの間)にダブルタップを付けて、簡単に取り外せるようにしています。
(後段には既に付いているので1つで済みますが、吸水パイプと外部フィルターの間にダブルタップが1つもない場合(=ホース直結の場合)は前後に必要ですね)

CO2マスターアドバンス

ダブルタップ単品は 通販ですと結構高いですが、○○オクで買えばかなり安いです。

吸排水ホースのダブルタップに加えてさらに 1個 増えますが、そんなに見た目(外観)には影響しないですし、このメンテ性を経験してしまったらもう戻れないですね。

これはホントにおすすめしたいので、CO2マスターアドバンスを使っている方は、是非やってみてください。

icon
iconCO2拡散器 CO2マスターアドバンス 12mmホース用
icon

icon
iconエーハイム ダブルタップ(直径12/16)
icon

CO2:ホース直添のメリットとデメリット