嫌気濾過(脱窒):硝酸塩をゼロにする話し(その2):マトリックスの適切な量

シーケム・マトリックス

嫌気濾過(脱窒):硝酸塩をゼロにする話し」の記事で、「シーケム(Seachem) マトリックス(Matrix)」というろ材が非常に有効であることを書きました。

マトリックスは、中心部にいくにしたがってその過程で酸素が消費されて減っていくように作られています。
つまり、表面は好気性バクテリアの住処、中心部にいくにしたがって通性嫌気性バクテリアの住処、という形です。

このマトリックス、使ってきた経験から、これを使って嫌気濾過を必要かつ十分に(=コスパ良く)働かせるためには、量と場所がポイントだと思っています。

結論から言うと、量が多すぎると「ろ材の性能を 効率よく(←ここが大事) 発揮できず、お値段高めなのでもったいない」ということです。(多すぎても濾過不足になるわけではないので、お財布に余裕があれば問題はないですが)

好気濾過(硝化バクテリア)は 酸素があるところで硝化作用が十分に働き、嫌気濾過(通性嫌気性バクテリア)は 酸素が無いところで脱窒作用が十分に働く、というのは皆さんご存じのとおりです。
つまり、硝化バクテリアは 酸素の多いフィルター前段部分 または ろ材の表面部分 に多く居るはずです。(←ろ材の形状や材質によって変わってきますが)

ですので、ろ材全部を「たっぷりのマトリックス」にしてしまうと、せっかくのマトリックスの性質・特長が効率よく活かされない部分が出てくると思っています。

ウチでは、外部フィルターの前段に通常(=安め)のリング状ろ材(好気濾過用)をたっぷりと、そして後段に適量のマトリックス(好気濾過(サブ)+嫌気濾過用)、という形にしていて、このようにすれば 前段でそれなりの量の酸素を消費してくれるので 後段のマトリックスが効いてくる、という想定です。(実際 これでうまくいっています)

マトリックスのパッケージ裏側の説明書きには「400Lに対し1~2Lを使用」と書かれていますが、これ、通常の60cm規格水槽(約50L)だと 125(魚少なめ)~250(魚多め)mlでOK ということですね。
(通常のリング状ろ材などと比べると かなり少なめな印象ですが、それだけ多孔質ということなんでしょう)

これを外部フィルター内の後段(好気濾過用ろ材より後ろ)に入れるだけです。

これでコスパ的にも通性嫌気性バクテリアの働き的にも、マトリックスの性能を十分に発揮できると思います。

icon
iconSeachem シーケム マトリックス Matrix 1L 淡水・海水用 多孔質ろ材
icon