ハラ・ジェルドニー、いいですね!!

ハラ・ジェルドニー

世界最小のナマズと言われている「ハラ・ジェルドニー」(Hara jerdoni)、かなりいいです。

完全に夜行性で、照明点灯中はどこかに隠れていて、見たことがありません。(動画を撮ろうとして数日粘ったんですが無理でした)

飼われている方々のブログなどを見ても「数週間(/数ヶ月)見てないけど、たまに見るときはいつもお腹パンパン」と書かれていますね。
ウチでもまだ数回しか姿を見ていません。でも、見えたときはいつもお腹パンパンです。(アカムシはあげていません)

飼ってみて一番良かったことは もちろん「かわいい」ことなんですが、水槽環境の変化としては、底床(砂利)表面のゴミ(有機物)などがきれいサッパリ無くなったことですね。
週イチのメンテ時にプロホースで底床表面のみ軽く掃除しているんですが、デトリタスも含め、汚れ(的なもの)がかなり少なくなりました。

シーケム プリスティン がいい感じ(?)」の記事でも、デトリタスなどの減少効果を紹介してきましたが、このナマズは「底床表面の最終仕上げ(掃除)」をしてくれているという感じです。

他の魚や水草に悪さはしないし、大きくならない(最大3cmくらい)し、たまに見れたらかわいいし、底床をキレイにしてくれるし、など、いいことずくめですね。
コイツを食べてしまう魚との混泳はもちろんダメですが、そうでないならオススメのナマズです。

ハラ・ジェルドニー

P.S.
「ハラハラキャット」という名前(別名/流通名)で売られていることも多いですが、同属別種(大きくなるヤツ)の稚魚の場合もあるそうなのでご注意を!!