シーケム プリスティン の効果とメリット

スポンサーリンク
シーケム プリスティン

1ヶ月くらい前から「シーケム(Seachem) プリスティン(Pristine)」を使いはじめて、なかなかいい感じなので使用感など。

水換え時、吸水ストレーナーに付けているP-1スポンジを、吸い出した飼育水で揉み洗いすることを欠かさずやっているんですが、プリスティンを初めて入れたときから数えて2週間後くらいから、スポンジの詰まり具合(ニギニギしたときの感じ)が明らかに軽くなったのを感じています。

「みりん添加で脱窒」をやっていることもあって、ストレーナースポンジや外部フィルター内の細目パッドが詰まり気味になるのが早めだったんですが、この感じだとメンテ頻度を下げても良さそうな気がしています。(まだ「気がする」だけ)

なお、安定するまでに数ヶ月掛かったという話しも聞いていますので、「気長に少量ずつ」がいいようですね。

あと、これを入れるようになってから、水槽面内側の「うっすら緑コケ」があまり生えなくなってきました。(どういう仕組みでそうなるのかは勉強中)

ほかにもイロイロいい感じ(←ザックリですみません)なので、しばらく続けるつもりです。

後日また追記していきます。

シーケム プリスティン の効果とメリット(その2)

シーケム プリスティン の効果とメリット(その3)

シーケム プリスティン の効果とメリット(その4)

シーケム・プリスティンの適切な添加量

icon
iconSeachem シーケム プリスティン Pristine 250ml 淡水・海水用
icon