水草水槽:イニシャルスティックの施肥タイミング

イニシャルスティック

テトラのイニシャルスティック、説明書きには「1年に1回」と 結構アバウトな感じで書かれていて、この施肥タイミングがなかなか掴みにくいんですよね。

というのも、数週間前くらいから急に水草の成長が悪くなったんです。(コケも付き始めました)

毎週の水換え・メンテナンスによって、カリウムやマグネシウム、カルシウム、鉄などは供給されているはずですが、水草全体の状態をみると「底床内のカリウム不足」っぽい感じです。

ということで、80L水槽(底面60×40cm、底床7cm厚)に30粒ほどイニシャルスティックを埋めました。(施肥の記録を見たら、前回は13ヶ月前でした)

テトラ・クリプトもいい肥料だと思いますが、どちらかというと成長の早い有茎向けであり、エキノやクリプトのようなタイプの水草にはちょっと強すぎるのであまり頻繁には使っていません。この肥料は、急ぎで効果を出したいときに「ひとかけら」ピンポイントで埋め込む使い方ですね。

今回はイニシャルスティックのみの施肥でしたので、底床内のバクテリアが分解して 実際に水草に変化が現れるのは1ヶ月後くらいでしょうか。(同じカリウム肥料でも、イニシャルスティックは有機肥料、テトラ・クリプトは無機肥料ですので)

液肥があまり効果的ではない水草(=葉からはあまり吸収しないタイプ)への施肥は なかなかピッタリなタイミングは掴めないんですが、今回 ウチでは約12ヶ月ごと という経験をしましたので これからはこれを目安としていこうと思います。
(その2)に続く。(↓)

水草水槽:イニシャルスティックの施肥タイミング(その2)

icon
iconテトラ イニシャルスティック 300g
icon

icon
iconテトラ クリプト 10錠入
icon