マジックリーフのメリット・デメリット

スポンサーリンク
マジックリーフ magic leaf

私のグリーンドワーフシクリッド水槽には、粒ピートをネットに入れたもののほか、マジックリーフも入れていて、非常に良い状態を維持しています。

このマジックリーフ、ベタやアピストなどを飼っている方以外にはあまり馴染みが無いものかもしれませんが、弱酸性を好む魚であれば かなりの広い範囲の魚種に対して 多くのメリットがあります。

ここでは、マジックリーフのメリットとデメリット、リーフの品質、使用方法、などについてまとめてみます。

メリット

  • pHを(多少)下げる
  • 硬度を(多少)下げる
  • 殺菌作用がある
  • 産卵誘発効果がある

フミン酸やフルボ酸などの「酸性物質」によってpHが下がり、タンニンが金属イオンと結合することによって硬度が下がります。

また、この酸性物質によって、ある程度の殺菌作用があると言われています。

個人的に感じている一番の効果は「水が まろやか になる」ことですね。(飲んだわけではないですが 感覚的に…)

水を触ったときの感触、ニオイ、エアレーションの泡の動き、などから、尖った感じの水ではなく、なめらかな感じになるのが分かります。

こういう水になってくると、特に南米産の魚は非常に調子がいいですね。

マジックリーフを使い始めてからは病気の発生は無いですし、オトシンも爆殖してますし、成分が出切ってふやけた葉はオトシンやロリカリアなどのエサになりますし、…。(プレコの稚魚のエサとして使っている方も多くいるようです)

弱酸性を好む魚にとってはメリットだらけという感じです。

デメリット

  • 弱アルカリ性を好む魚には不向き
  • 水草レイアウト水槽には見た目的に不向き

pHや硬度を多少下げますので、例えばグッピーなどには向いていません。

また、水草レイアウト水槽では、リーフの存在自体が邪魔になることが多いですね。

リーフの質

通販で売られているリーフの中には粗悪品もあるらしく、中には農薬とか雑菌とかが付着しているものもあるようです。

農薬や雑菌は目に見えるものではないので、出所の不明なものを使わざるを得ない場合は、一度 軽めに煮沸するのが安全と思います。

グリーンドワーフシクリッドの場合、質の悪いリーフを入れるとすぐに反応するので分かりやすいですね。

エラの動きが変になったり、体色が変わったり、…。

他の魚種でも、魚の動きやエラの動きがいつもと違ってくるようであれば、すぐにリーフを取り出して水換えすることをおすすめします。

私は(今では)信頼できるショップのものしか使わないようにしているので 煮沸せずに水槽に入れていますが、どのショップのものがいいのかが分かるまでは 魚の様子を注意深く見ている必要がありますね。

使用量

使用量の目安は、60cm規格水槽(55L)に2~3枚程度ですね。30cmキューブとかなら1枚で十分です。

元々ブラックウォーターに生息している魚の場合は、多め(濃いめ)でももちろんOKです。

使用方法

水槽全体の見栄え上 リーフが見えないようにしたい場合は、いくつかにちぎってネットに入れて水槽内の奥の方に沈ませておく、などの工夫が必要です。

外掛けフィルターや上部フィルターの中に入れるのもいいと思います。

逆に、外部フィルターの中はおすすめしません。

流速が速いのですぐにボロボロになり、メンテ頻度が上がります。

私は リーフの存在感を出したいという理由と、魚の隠れ家やオトシンのエサとしても使用しているので、大きな葉を水槽にそのまま入れています。
(ネグロ川っぽい雰囲気になります)

新しいリーフに換えたり追加したりするタイミングは、飼育水の色を見て判断すればいいですね。色の濃さ=成分の濃さ なので。

なお、底に沈んだリーフが折り重なったりしたところにエサなどが入り込むと、バクテリアの状態や水流によっては カビることがありますので ここは注意です。

最後に

弱酸性で軟水を好む魚の場合は、個人的にはメリットしか感じていません。

質の良いリーフを扱っているショップを見つけるまでに多少の時間が掛かるかもしれませんが、魚のためを思えば デメリットと言うほど面倒なことではないですね。

水草メインの水槽の場合は 見た目との兼ね合いもありますが、生体のためには少しでもいいので入れてあげることをおすすめします。(色が付かない程度)

P.S.

リーフの存在感が気になる場合や 出し入れが面倒だという場合は、液体のブラックウォーター添加剤でも ある程度は代用できます。

おすすめは アズーの「ダブルブラックウォーター」「トリプルブラックウォーター」ですね。

値段が高めに感じるかもしれませんが、濃縮液になっていて 1回あたりの使用量が少ない(飼育水10Lに1ml添加)ので、コスパは悪くないですし、pHも多少は下がります。

(あくまでも私個人の感想ですが、よく見かけるテ○○のものは コスパが悪く効果も感じませんでした)

P.S.2

マジックリーフのpH低下効果はそれほど強くないので、これだけでpHをコントロールすることはおすすめしません。

私の場合は、粒ピートの量でコントロールするようにしています。

チャームのマジックリーフ:質は特に問題なし

マジックリーフ:コスパ比較

マジックリーフとブラックウォーター添加剤の比較

icon
icon国産アンブレラリーフ ちぎりタイプ 約30g マジックリーフ(アピスト ベタ ビーシュリンプ)
icon

icon
iconアズー ダブルブラックウォーター 500ml
icon

icon
iconアズー トリプルブラックウォーター 500ml
icon

icon
iconエーハイムトーフ ペレット 1リットル 専用ネット付
icon

icon
iconセラ スーパーピート 500g 淡水用
icon