リン酸吸着剤のpHへの影響

シーケム フォスガード

今までずっとリン酸吸着剤はエーハイムのものを使ってきたんですが、ソイルをやめて砂利で立ち上げ直した水槽にしてから、吸着剤を入れると pHが上がってしまい 困っていたところ、エーハイムの人(今現在ではカミハタの人)と何度か電話で相談・問合せさせてもらった結果、「結果的にpHを変動(上下)させる可能性がある」ことが判明したので書いておきます。
(箱には「pHへの影響なし」と書いてあるので自分で調べたりしていたのですが、全然理屈が分からなくて、結局、電話してしまいました)

簡単に言うと「吸着時の化学反応によって pH緩衝力が強くなるため、pH7.0に引っ張る作用がある」とのこと。

箱に書いてあるのは「吸着剤そのものはpHに影響を与えないものでできている」という意味だそうです。
特に「かなりの軟水」で維持している環境ではpHを上げる可能性が高い、と。

アフリカンシクリッドや海水魚などの飼育環境では、元々pH緩衝力が強いので ほとんど影響はなく、淡水でも通常は影響は少ないと思います。
実際、今までの淡水水槽の環境ではpHは上昇しなかったので。
ソイルの吸着&放出効果がうまく機能してくれていたのかもしれません。

今のウチの環境では、水量80L水槽の外部フィルターに1袋投入で +0.6くらい上昇していました。
「+0.6 上がった」のを気にする環境かそうでないか、になると思うんですが、砂利系の底床で弱酸性の軟水を維持したいウチの場合は非常に気になっていました。

pH緩衝力を強くしてしまう原因は、エーハイムのリン酸吸着剤がいわゆる「鉄系」(水酸化鉄)だからだそうです。
鉄系の吸着剤は 1モルの PO4 を吸着する(=水酸化鉄とリン酸塩が反応する)ときに 1モルの OH- を放出し、逆に、活性アルミナや硫酸アルミニウムなどのアルミ系の吸着剤は 2モルの PO4 を吸着するときに 1モルの H+ を放出する、と。
なので、「アルミ系を使ってみてはどうでしょうか」との提案をいただきました。

今では、アルミ系のリン酸吸着剤を使用しています。シーケム(Seachem)のフォスガード(PhosGuard)です。おすすめされた通り、pHは変動しませんね。

icon
iconSeachem シーケム フォスガード 250ml(150g)淡水・海水用 リン酸吸着剤
icon

リン酸吸着剤としてはちょっと高いような気がしますが、淡水の場合は 水量200Lに対して50ml使用で 3~4ヶ月持続、とのことなので、コスパは悪くないと思います。
まあ、アルミ系だといつでも手に入るのはフォスガードくらいですし。同社の同じシリーズでフォスボンド(PhosBond)やフォスネット(PhosNet)もありますね。
pH上がるかも なのでウチの環境では使う予定はないですが、選択肢として複数あることはいいことですし、用途・環境によって使い分けられそうですね。

icon
iconSeachem シーケム フォスボンド 250ml 淡水・海水用
icon

icon
iconSeachem シーケム フォスネット 125g 淡水・海水両用
icon

icon
iconエーハイム リン酸除去剤 (6個入り) 淡水・海水用
icon

今のところ、黒ヒゲも抑えられていて 吸着力も問題なさそうなので、当分フォスガードでいこうと思っています。

あと、リン酸濃度の測定には、「セラ PO4 試験試薬」と「ELOS アクアテスト PO4 プロフェッショナル 低濃度」を使っています。
普段はセラのものでいいんですが、細かく知りたいときには ELOS のもの、という使い分けですね。(ELOSのは高いので)

icon
iconセラ PO4(リン酸) テスト 15ml 淡水・海水用
icon

icon
iconELOS アクアテスト PO4 プロフェッショナル 低濃度リン酸塩
icon