粒状ピートの比較:エーハイム vs セラ

エーハイムトーフ セラスーパーピート

ウチでは、粒状ピートを水換え用の溜め水タンクに入れています。
(以前は外部フィルターの中に入れていたこともあります)

昔からずっと使っている粒ピートは、エーハイムとセラのもの 2種類で、どちらも甲乙付けがたいんですが、比較してみたいと思います。

製品名 エーハイム
トーフ ペレット
セラ
スーパーピート
通販価格 1,220円 1,118円
内容量 1L(300g) 500g
グラム単価 4.07円/g 2.24円/g
使用量 80~100Lに1箱 100~250Lに1箱
付属品 極細目ネット
pH (※1) pH 5.4 pH 5.1
pH降下作用
の持続性
(未計測)
※1: 水量60L(RO水70%+水道水30%)に対して 3~4日間エアレ。
あくまでもウチの環境・やり方での場合です。水道水100%の場合はここまで下がらないと思われます。

エーハイムトーフのグラム単価は セラより高いですが、付属品の「極細目ネット」が なかなかの優れモノです。
(割高なのはネット代を含んでいるからなんでしょうか)

シーケム フォスガードのような粒の小さいものを入れるのに適していて 個人的にはいくつかストックしておきたいネットの一つですね。
ただ、このネットを単品で買おうとすると 600円くらいします。高いです。高すぎます。

ですので、ウチでは、このネットが欲しいときはエーハイムトーフ、そうでないときはセラ、というように買っています。(ネットが足りている限りはずっとセラ)

個人的には、セラの「紅茶みたいな感じの色」が好きですが、ピート水としての水質に大差はないと思いますので、あとはお好みで。

P.S.
pH無調整の長繊維ピートを試してみたい気もするんですが、事前に洗わなきゃダメ とか 煮沸してからじゃなきゃダメ とかの話を聞きますね。
なぜダメなのか、洗わなかったらどうなっちゃうのか、がイマイチ分からないので、もうちょっと勉強してから使ってみようと思います。

icon
iconエーハイムトーフ ペレット 1リットル 専用ネット付
icon

icon
iconセラ スーパーピート 500g 淡水用
icon

icon
iconpH無調整ピートモス 長繊維タイプ 200g
icon

icon
iconpH無調整 長繊維ピートモス 3L
icon