上水道の水質と黒ヒゲとRO浄水器

水草水槽やっててやっぱり困るのが黒ヒゲですよね。

これをやれば絶対無くなる!、というのはまだハッキリとは分かっていないのですが、「リン」「照明の光の “ある部分の波長”」「カリウム(K) と マグネシウム(Mg) カルシウム(Ca) とのバランス」くらいが主なポイントでしょうか。

黒ヒゲとの戦いは、この趣味を始めた頃からの永遠の課題(終わりなき戦い)みたいなものですね。

対策として一番手っ取り早くできるのが「リンを減らすこと」なので、いろいろ試行錯誤しているところです。

そこで、最近になって、「公益社団法人 日本水道協会」というところが各浄水場の水質検査結果を公開してるという話しを聞き、早速調べてみました。
公益社団法人 日本水道協会」 → 水道水質データベース
意外と、硝酸塩やリン酸など含まれてるんですね。これじゃあ、この水で水換えしたってイマイチじゃん、て思いました。

窒素(N)、リン(P)、カリウム(K) のうち、勝手にどんどん減っていくのがカリウムで、水換えや嫌気濾過によって減らせるのが窒素(硝酸塩)、何もしないと基本貯まっていくばかりなのがリン(リン酸塩)、ですよね、大雑把に言うと。

もちろん、マグネシウムやカルシウムも水草によって消費されていきますが、肥料の話しはまた別途。

ウチでは嫌気濾過(脱窒)がうまく機能しているので、まず最初の狙いはリン酸です。なかなかいいリン酸吸着剤を見つけたので。

でも、さっきの水道水質データベース見ちゃったものだから、そのほかのケイ酸やらナニやら要らないものが入ってることがどうしても気になってしまい、2~3ヶ月悩んだ結果…

買っちゃいました。マーフィード エキスパート マリン Z 150。

水道水での水換え(水作り)をやめてから、最近よくある「近所のスーパーの浄水」(最初の容器代だけ払って、あとはいつ何回汲んでもいいよ、ってやつ)を毎週毎週大変な思い(力作業)して汲んでたんですが、こっちも実は全然「浄水」じゃない(硝酸塩やリン酸塩が結構入ってる)というのをあとから知って、RO浄水器、踏ん切りがつきました。

購入にあたって どのくらいの生産量のものを選ぶか、なんですが、生産量の違いによる価格の差があまり無い(生産量が2倍でも価格差は 2,000円くらい)ことと、RO浄水器の生産力はそんなに高くないことを考慮して、なるべく大きいものに決めました。

icon
icon逆浸透膜 エキスパートマリンZ 150
icon

ウチの辺りは水圧がかなり低く、加圧ポンプ経由でも、週イチの水換え用のRO水80Lを作るのに 真冬で 6~7時間くらい、水温が上がっても 5時間くらいかかっちゃうんですが、魚と水草とその後のいろいろな手間を考えたら、買って良かったと思ってます。(もう戻れません)

やっぱり、魚の動きや水草の成長が違うような気がします。気がするだけ、かもしれませんが、なんと言っても、水換えした本人の気分が全然違います。

「なんか要らないものが入ってるかも」の水をそう思いながら使うのと、RO水に必要な要素(ミネラルや微量元素とか)を自分のコントロール下で作ることができる、っていうのは、精神衛生上も全く違いますね。趣味でやってるんだから気分が良くなきゃね、って思います。
もちろん、飼ってる魚、育てている水草、によっては RO浄水器なんて要らないと思いますが。

あ、もし買うのであれば、「エキスパート フレッシュ」はやめたほうがいいと個人的には思います。(後から「マリン」を買い直した方、結構います)

「フレッシュ」のほうは、結局、どんな成分がどのくらい残存するのかが分からない、という意味では、スーパーの浄水とそんなに変わらないと思いますので、淡水用途でも「マリン」のほうを強くオススメします。

ちなみにウチでは、RO水に「KENT リキッドROライト」と「KENT ディスカスエッセンシャル」などを加えて、水を作っています。「KENT ディスカスエッセンシャル」は、ディスカスじゃなくてもアピストなどに非常におすすめの微量元素補給剤です。

icon
iconKENT リキッドROライト(液体) 235ml
icon

icon
iconKENT ディスカスエッセンシャル 235ml 淡水用
icon

なお、RO浄水器を使ってると言っても、リン酸吸着剤(除去剤)は常用しています。エサから毎日出ますから。
でも、リン酸吸着剤を新品に変えるとなんかイマイチなんですよねー、pH変動の感じが…。