エロモナス症の最大の原因はストレス

エロモナス・ハイドロフィラ

エロモナス症(運動性エロモナス症)の直接的な原因は、もちろん「エロモナス菌に感染」なのですが、これは常在菌なので 発症する原因は別にあります。

  • 水質の悪化
  • 水温の急激な低下
  • 魚の免疫力の低下

これらをもう少し細かくしていくと、

  • 生物濾過(好気濾過)が不十分 → アンモニアや亜硝酸の残存 → 有害 → ストレス
  • 水換え頻度・量が不適切 → 硝酸塩などの過剰な蓄積 → 有害 → ストレス
  • エサが酸化している → 消化器官へのダメージ → ストレス
  • 硬度・TDSが低すぎる → 浸透圧調整機能へのダメージ → ストレス

むりやり「ストレス」に持って行っているようにみえますが、そんなに的外れではないと思っています。

特に硝酸塩に関しては、あるサイトで「硝酸塩の蓄積による生体へのストレス → 体力低下 → 免疫力低下、がエロモナス症の発症原因の一つ」という詳しく説明された記事もあり 納得できる内容でした。
(硝酸塩は「無害」ではなくて「比較的無害」なだけなので、許容量をオーバーしたら「有害」ですね)

また、「水合わせで注意するのは「pHショック」だけじゃない(追記)」の記事で、

魚は基本「野生動物」ですので、弱い個体でなければ 水質の変化には意外と強いです。(例外ももちろんあります)
異なる水質の水に入れられることは ある程度のストレスにはなると思いますが、慣れるまでの一定時間(/期間)はそのストレスに耐えられますね、魚の体力と水槽の水がちゃんとしていれば。

と書きましたが、この「水槽の水がちゃんとしていれば、慣れるまでの一定期間はそのストレスに耐えられる」という部分、
逆に言うと、ストレスが掛かりっぱなしの状態だといつかは病気になるかも、ということですね。

ウチでは嫌気濾過が機能しているので硝酸塩はほぼゼロですし、水換えも なるべく魚に負担の掛からない方法でやっているんですが、特にアピスト(南米小型シクリッド)が導入後半年以上経ってから調子を崩すことがたまにあります。
半年くらいは元気なんですが、それを超えるとだんだんとエラバク気味になり → 口呼吸をしだす → エサを積極的に摂らない → 少し腹が膨れる(腹水?) → ちょっとだけポッップアイ気味になる(鱗が逆立つ場合もある) → 死亡。
エラバクし始めてから死亡まで 1ヶ月以上あるので、急激な症状の進行というわけでもなさそうですが、後半は明らかにエロモナス症の症状ですね。

いろいろ調べている最中ではありますが、「硬度が低すぎて塩分が少ない(?) → 浸透圧調整機能のフル稼働による体力低下・エラバク・免疫力低下 → エロモナス症の発症」というのがあてはまるのではないかと疑っていて、これを確かめるために、少し硬度を上げて (というか ゼロの状態が長く続かないようにして) 数ヶ月 様子を見ようとしています。

水草ボーボー状態のため、以前は、水換え用のRO水にミネラル剤(K,Ca,Mg,S,Na,…)を添加しても、次の水換え時には GH, KH ともにほぼゼロになる(=水草に吸収される)状態ですので、水換えと水換えの間の数回(1日おきくらい)、ミネラル類を少量ずつ添加していって 硬度の極端/急激な低下を抑える、という方法がいいかなと考えているところです。

icon
iconKENT リキッドROライト(液体) 235ml
icon

icon
iconKENT ROライト 250g (粉末)
icon