外部フィルターの中身(濾材構成)のご紹介

スポンサーリンク
外部フィルター エーハイム 2213 ろ材構成

外部フィルターの中身(ろ材の種類と構成)、これで合っているのか、もっといいやり方があるんじゃないか、と気になって、他の人のフィルターの中を見たい! と思っている方に、ウチの外部フィルターのろ材構成を紹介しようと思います。

ただ、「これが正解!!」などというものは存在しませんし、それぞれの生体・水草・環境に合った ろ材構成は それぞれ異なりますので、あくまでも参考情報ということで。

ざっくり書くとこんな感じ(↓)

外部フィルター ろ材構成

過去記事の「嫌気濾過(脱窒):硝酸塩を下げる方法」でも書いている通り、ウチでの生物濾過は 好気濾過+嫌気濾過 としているので、メインは それ用のろ材になります。

もちろん、それぞれのろ材は 粗めのネットに入れて、取り出しやすいように。

また、外部フィルターのインペラーに異物が入らないように、濾過の最終段には必ず細目ウールマットを入れています。

飼育している生体や水槽の環境によっては、二枚重ねにすることもありますね。

ウールマットの新品は、そのまま使うと pHが上がってしまうので、「外部フィルターの細目パッドを新品に交換するとpHが上昇する件」の記事で書いたように、事前処理してから使うようにしています。

リン酸吸着剤は必要に応じて。

あと、上のイラストにはありませんが、物理濾過として 吸水パイプの先端に「テトラ P-1フィルター」を取り付けていて、このスポンジは週イチで飼育水で揉み洗いしています。

ろ材のメンテ頻度は、排水側の流量や水槽全体の状態をみて判断しますが、平均で約2~3ヶ月に1度くらいです。

シーケム プリスティン の効果とメリット」と、その「続報(その2)(その3)(その4)」にも書きましたが、シーケム プリスティンのおかげで、メンテ頻度は少なくなりましたし、メンテ作業自体もすぐに終わりますね。

最後に。

おまじない的に活性炭を常に入れている方も多いようですが、ウチでは 活性炭は使いません。

理由は 吸着して欲しいものが無いから ですね。
(逆に、吸着されては困るものはたくさんあります)

活性炭は「作用のメリット・デメリットが分かったうえで 一時的に使用するもの」であって、フィルターの中に常時入れておくものではない、というのが個人的な考えです。

ご参考になれば幸いです。

嫌気濾過(脱窒):硝酸塩を下げる方法

嫌気濾過(脱窒):硝酸塩を下げる方法(その2):マトリックスの適切な量

icon
iconエーハイム クラシックフィルター 2213 ろ材付きセット
icon

icon
iconセラミックろ過材 エイブルリング
icon

icon
iconSeachem シーケム マトリックス Matrix 1L 淡水・海水用 多孔質ろ材
icon

icon
iconノーブランド ウールパッド 外部フィルター用 500/2213 10枚+2枚サービス
icon

icon
iconテトラ P-1フィルター
icon

icon
iconテトラ P-1, P-2用替スポンジ
icon