常時設置型pH計が安定しない件:日光に注意

スポンサーリンク
pH計 pHモニター 電極棒 エレクトロード 日光 太陽光

水槽に設置してある常設型のpHモニター、いくつかの特定の水槽だけ pH値(表示)が安定しない、という問題が発生し、その原因と有効な対策を見つけましたので共有したいと思います。

現象と発生条件

日光(太陽光)が直接または間接的に当たる水槽面側にpH計の電極棒(エレクトロード)を設置すると、日光が当たっている時間帯のpH値が 0.5~0.8 高く表示される。

日光が当たらなくなると正常な表示に戻る。

室内照明(LEDのシーリングライト)の光は影響を与えない。

原因(ただし推測)

太陽光の中のある波長(→不明)が電極棒に作用して誤動作・誤表示を起こす。

対策と効果

日光遮蔽用のプラダンやボードなどをpH電極設置付近の水槽面外側に貼り、光を遮る。
(100均で売っているものでOK)

日光を遮れば 100% 誤表示は起こらない。(今のところ)

最後に

上記の現象が起きた電極棒は 新品購入から使用1年以内のものなので、電極棒の寿命とは考えにくいです。

新たに新品を購入・使用しての検証はしていないので、そこはご容赦ください。

pH計本体の異常(/仕様?)の可能性もゼロではないですが…。

上記の原因は推測ではありますが、対策は合っているようなので 結果OK としています。

pH計、常時測定型のメリット

pH計、常時測定型のメリット(追記)

pH計、常時測定型のメリット(追記-2)

icon
iconAIネット pHモニター P-2
icon

icon
iconPHモニター用交換電極(P-1、P-2用)
icon

icon
iconpH4.01 標準液(校正液) 150ml
icon

icon
iconpH7.00 標準液(校正液)
icon

ハンナ 電極保存液 HI70300M