嫌気濾過(脱窒):エサとみりんのバランス

みりん

嫌気濾過(脱窒):硝酸塩をゼロにする話し」の記事で書いた「みりん添加」ですが、

現在ウチでは、80L水槽に毎日0.5mlを入れています。(これで適切な量・頻度なのかは自分でも分かりませんが、もう1年ほどこれでうまくいっているので、これでいいんじゃないかと)

から半年が経ちました。

最近、黒ヒゲではないコケ、特に窒素過剰のときに出る糸状の緑のコケがエキノの葉の表面に付いてきたなあと思っていたのを2~3週間放置(=様子見)していたんですが、治まる気配が無いので もしやと思い 硝酸塩(NO3)を久々に測ってみたらなんと 25mg/L !!

やっぱりね…、そうだよね…、そう、水草が教えてくれていたんですよ、硝酸塩がゼロに抑えられていないことを。

最近は、先日追加導入したバンブルビー・オトシンを死なせまいとして「細かい系」のエサの量を結構増やしていたんです。でも、「みりん」はいつも通り 0.5ml/day。

そうです、通性嫌気性バクテリアが殖えるのに必要な「みりん」が 0.5ml では足りなくなっていたんですね。

まあ、硝酸塩が 25mg/L というのは許容範囲内ではあるので、魚やエビなどへの影響は全くありませんでしたが、「みりんは0.5ml」というのが毎日のルーティーンになっていて、エサの増量とのバランスが崩れていたんです。
それを水草が教えてくれていたのに2~3週間も気付かなかった、というお恥ずかしいことをしてしまいました…。

やっぱり、エサの量(≒硝酸塩の量)とみりんの量はほぼ比例するという当たり前のことを再認識させられました。

ちなみに、みりんを 1.0ml に増量してから1週間ほどで 硝酸塩はまたゼロに戻りました。当面はこの量を継続ですね。

タカラ本みりん「醇良」1Lペット

新品価格
¥376から
(2018/11/23 15:28時点)