輸送などで弱った魚の立て直し方(回復方法)

スポンサーリンク
熱帯魚 調子 回復 方法 輸送 立て直し

近くのショップに自分が欲しい魚が入荷しないという理由で 最近は専門店の通販を利用することが多くなりました。

死着保証の有り無しとは関係なく、到着した箱を開けて魚の状態を確かめるときの「大丈夫かなぁ」という不安な気持ちは、通販を何度経験しても慣れないものです。

さて、

届いた魚の状態があまり良くない、

死んではいないけどかなり弱っている様子、

なんとか立ち直って欲しいという気持ちで水合わせ

というのは 通販で購入したことがある方なら経験されているかと思います。

輸送時に弱ってしまう原因は、

  • 水温異常(高すぎ/低すぎ)
  • 振動によるストレス
  • 酸欠
  • 自分の排泄物によるアンモニア中毒

などが考えられますね。

上記が原因と仮定すれば、対策は、

  • 水温を適温にする(ただし徐々に)ために水槽に浮かべる、または、水合わせを開始(まずは温度合わせのみ)する
  • エアレーションする(ただし水流は弱く!!)
  • アンモニア中和剤を入れる

になります。

ここで、水流が強くならないようにエアレーションするには、

エアストーンを水深の深いところに置かない

つまり、

水面付近で強くエアレ

とするのが良いですね。

酸素供給は水面を揺らせばいいだけですし、強い水流も起きません。

で、ようやく本題です。

私の経験では、上記の他に 下記の2つをプラスすると、

生存率(復活率)が確実に上がります

  • 粘膜保護剤:規定量の1.5倍
  • テトラバイタル:規定量の1.5倍

ただ、テトラバイタルの成分が公開されていないので、どういう理屈で生存率が上がるのかは この部分だけ推測になってしまいますが、

テトラバイタルによる浸透圧の調整(?)

ではないかと思っています。

以前からこのブログで書いているように、浸透圧に直接的に影響する

適切な硬度(GH)にすることの重要性

が、弱った魚の立て直しにも関係しているのではないかと…。

ビタミン剤のコスパ比較と使用感:テトラ・バイタル vs セラ・フィッシュタミン」の記事では、ビタミン剤としてのコスパは セラ・フィッシュタミン のほうがいいですねという内容でしたが、上記の使い方では テトラバイタルもなかなか使えるなという印象です。

テトラバイタルには セラ・フィッシュタミンにはない成分(ビタミン以外のもの)が入っていると考えざるを得ないですね、想像ですが。

テトラバイタルの成分、どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら コッソリと教えていただけると嬉しいです。

ということで、

  • 適切な水温
  • 強めのエアレーション(ただし水流は弱く)
  • アンモニア中和剤
  • 粘膜保護剤
  • テトラバイタル

の合わせ技の効果はなかなかのものなので、機会があれば是非試していただきたく思います。
(そういう機会がないことが一番なのですが…)

水合わせで注意するのは「pHショック」だけじゃない

水合わせで注意するのは「pHショック」だけじゃない(追記)

水合わせで注意するのは「pHショック」だけじゃない(追記-2)[重要]

水合わせ時のエアレーションやアンモニア中和など (初級者向け)

水合わせ:点滴法のデメリット(気になる点)

テトラ・バイタル:消費期限の判断方法

icon
iconキョーリン プロテクトX(エックス)500mL 粘膜保護剤カルキ抜き入り
icon

icon
iconキョーリン プロテクトX(エックス) 3.78リットル業務用(カルキ抜き無し)
icon

icon
iconテトラ バイタル 500ml
icon

icon
iconアクアチューナー 50ml 淡水用 水質調整剤
icon

icon
iconNH4/NH3(アンモニア)テスト 15mL 淡水海水用
icon

icon
icon水作 水心 SSPP-3S(エア量ダイヤル調整式) 45~60cm水槽用エアーポンプ
icon